ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

「iPhone 6s」発表、気になるスペック感想 何が変わったのか?【ニュース感想】

gigazine.net

 

そんなわけでAppleの発表!

 

「全て変わりました」という言葉から始まった発表会で、iPhone 6s/6s Plus/iPad Pro/Apple TVが発表されました。

 

iPhoneに関しては事前情報通り、新色ローズピンクが追加され、プロセッサの世代交代、300Mbps LTE対応、Apple Watchや新型Macbookで導入されていた感圧タッチ機能、カメラの画素数アップなど順当な新色追加、スペックアップとなりました。
発売は世界同時で9月25日金曜日から。時差の影響で日本が最も早く手にすることができそうです。

 

今回の着目ポイントは300Mbps LTEへの対応。世界各国で300に対応した通信事業者が存在しない中で、まずは端末だけでも対応させてきたということを特筆するべきでしょう。今回のカメラ高解像度化とスペックアップで通信量は増加の一途をたどっています。

 

さらに中国でのiPhone普及は、そもそもの通信容量が足りない事態も引き起こしています。そこでAppleは自ら率先してよりよい通信方式に対応させることで、世界各国の通信事業者に通信高度化に取り組むよう圧力をかけているのです。
またiPad Proは、これまで9.7インチ液晶のiPad Airに対し12.9インチの液晶を搭載します。

 

二回りも大きいこのiPad Proは、別売のキーボードにペンと一緒に使うことが想定されています。見た目はMicrosoftSurfaceそのものですが、これまでペンで操作するという概念のなかったiPadに新たな表現が加わる、と理解しておきましょう。

 

【まとめ】順当なスペックアップ、ただし決定打に欠ける

先週、ソニーが世界初の4K液晶搭載スマートフォンを発表しました。その点で言えば、数字が明らかに異なる華々しいスペックアップがないAppleの発表会。これで「全てが変わりました」には無理があるのでは?と感じてしまいますが、スペック競争に乗らず地道に操作性を改善していくというAppleの姿勢が鮮明になったとも言えます。

 

とは言え、液晶の高解像度化に最も熱心なAppleだけに次は…と期待してしまいます。
わたしは、ローズゴールドを購入しようか考えておりましたが改めて発表を見ると次のiPhone 7でよいか?と感じました。さらなるスペックアップに期待です。