ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

少女マンガとして読む東京喰種 【アニメ&漫画】

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

ふと思った…「東京喰種」って凄く少女マンガっぽい。

 

ネット情報で調べてみたが、作者の石田スイ先生の性別はハッキリしなかった。どうやらマンガ賞を受賞した投稿作品の作者欄に男性との記述があったらしく、男性説が強いんだそう。ただ、個人的には女性的なものを強く感じる。本当は女性なのではないだろうか?(笑)

 

今時、男性向け作品を描いている女性漫画家さんも珍しくないので、作者が男性であろうが女性であろうがどちらでもよいのだが、本作は男性向けど真ん中、ヤングジャンプの看板作品でありながら他の人気作品と微妙に毛色が違うと感じていた。

 

そんな東京喰種に少女マンガというキーワードをかぶせてみてみると、その違和感が結構晴れたのである。

 

 

それほど少女マンガを読んでない私がこんなことを書くと怒られそうだが、個人的に「少年漫画は希望に酔い」「少女漫画は絶望に酔う」ものであるとざっくり分けている。もちろん、この法則に当てはまらない場合は無数に存在するので、あくまで大雑把な印象として。

 

東京喰種は、単純にモノローグの多さや描き方が少女漫画っぽいのだが、より具体的な部分をあげると、それは主人公である美少年が不幸になる過程を作品の見せ場としている点だ。そして、その見せ場は美しい描写とセットになっていることが多い。これは少女漫画でいうところの、典型的な「悲劇のヒロイン」ではないだろうか?

 

苦しみから逃れるためにもがいた結果、ますます状況が悪化する…こういった点も、いかにも少女マンガである。

 

カネキ=ヒロインなんて見方は、腐女子的でひねくれてるかも知れないが、よくよく考えるとメインヒロインであるはずのトーカと主人公のカネキはお互いに特別な関係ではあるが、あまり男女の臭いを感じさせない。それよりも、ヒデ、月山、ヤモリ、亜門、有馬等々、男性キャラとの絡みの方がずっとセクシャルだ。

 

カネキくんが少女漫画のヒロインならば、作品には白馬の王子様が必要なわけだが、狙っているのいないのか、1部のラストにカネキくんを迎えに来たのは真っ白な有馬貴将だった。ヒロインを絶望の苦しみから解放するため、“あの世”に連れて行くという、なんとも残酷な王子様である(笑)

 

さて、少女漫画なら王子様と結ばれたハッピーエンドで万々歳なのだが、残念なことにカネキくんは男なのでそれが出来ない。男でありながら、少女漫画ヒロイン的な役割を与えられたカネキくん…。彼には一体どのような結末が待っているのだろうか?結末はどうなるかわからないが、とにかく今後も可哀想な目にあるということだけは確実に違いない。

 

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

東京喰種 カテゴリーの記事一覧 - ソーシャル芸能へんしゅう部