ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

刃牙道 50話 感想 ネタバレ注意 つい始まる烈vs武蔵!!試合直前、緊張感がすごい!!【アニメ&漫画】

刃牙道(5): 少年チャンピオン・コミックス

漫画「刃牙道」50話 最新話感想です。※ネタバレ注意

巻頭カラー!!


「切り裂き魔」さしずめ現代ならこう呼ばれるだろう…「斬り烈魔」今宵はそう呼ばれてみるか…

ナレーション
「金的 目突き 噛み付き 全て可!!十分だろそれで…!?」


武蔵vs烈海王 武器アリ試合開始直前。刀、槍、鎖鎌、棍、闘技場の中心に用意された無数の武器…。

[広告]



 

ナレーション
「なのにもっと…もっと先を見たいのか!?」


かつてない光景に戸惑う観客…。

ナレーション
「見たいのは…立ち合いなのか…殺し合いなのか…?見たいのは…技術か!?殺戮か!?」


試合会場には、御老公だけでなか渋川やジャックの姿も。

烈控え室を訪ねる刃牙

刃牙
「心なしか…上着が重そうだ」
「搭載完了ってワケだね」


烈は刀だけでなく手裏剣なんかも仕込んでいるのかも…。

烈の姿勢をフェアだと語る刃牙。武蔵を相手取る以上武器を認めてこそ対等。

刃牙
「嫉妬るな…『侍なんだから刀使用ったらいいじゃん』その一言が俺には言えなかった」


さすが烈海王


入場直前、剣をもたない武蔵の力を烈に伝えようとする刃牙。しかし、烈は既に手合わせ済み。


「剣を手にしてない宮本武蔵、その時点で私と五分と五分…或いは私を上回るかも」

自分より強い相手に烈はどう戦うのか?本部がでしゃばった意味はあったのか!?

武蔵控え室。表情は変えないものの、動きはやや興奮気味。

武蔵
「“わくわく”…とな…未熟ゆえ」


刀を手に取り入場する武蔵!

武蔵
「明鏡止水とは程遠い…ッッこみ上げる昂りを止められぬ」
「斬り結ぶ歓喜びに一点くもりなし!!」


極限バトルいよいよスタート!!次回が待ち遠しい!!