ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

Q.男性との触れ合いが苦手 A.岡田斗司夫「あなたの心はセックスでいっぱい」 朝日新聞 悩みのるつぼ 感想【愛人騒動】

僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)

 

(悩みのるつぼ)男性との触れ合いが苦手:朝日新聞デジタル

 

朝日新聞人生相談コーナー「悩みのるつぼ」感想です。今回の回答者は愛人騒動で話題の岡田斗司夫さん!!ネット上ではバッシングの嵐が吹き荒れる中、新聞紙面上にて堂々の人生相談!!しかもテーマは「男との触れ合いが苦手」!!

 

この質問を選ぶ岡田斗司夫とそれを掲載する朝日新聞…誰か止めようとする人はいなかったのだろうか…。

 

[広告]

 

 

(質問内容)※要約

相談者は20代後半の女性。男性とお付き合いしているものの、スキンシップ、ボディータッチが苦手(同性は平気)。初キスは極力避けていたため交際開始から1年後。彼氏の事は好きだが、軽く触れる以上は気持ち悪く感じる。素振りを見せただけで憂鬱。彼氏はこちらを気遣ってすぐにやめてくれるが、結婚も考えているので乗り越えたい。前向きになれる心の持ち方、男女関係の解釈の仕方について教えて欲しい。

 

 

この質問に対しての岡田さんの回答

 

 

(回答)※要約

同性とのスキンシップが可能ならば、質問者さんは潔癖症や対人恐怖症ではない。考えられる可能性は二つ。

①男性が嫌い。女性が好き。

②セックスが怖い

今回の場合①ではない。②の場合は二つの理由が考えられる。

 

“②セックスが怖い”ならば…

(A)セックスのような不潔な行為がイヤ。

(B)実はすごく興味がある自分がイヤ。

AとB両方のケースも考えられるが、その場合彼氏がいること自体おかしい。Aの場合はハッキリ「イヤだ」と彼氏に伝えよう。彼氏が受け止めてくれたなら、あとの問題は子供だけ、養子か体外受精という手段がある。

 

ただし、セックスを避ける女性でAのケースはあまりない。大部分はBで「セックスする自分、興味がある自分」を認めたくない、もしくは「ちゃんとできるか不安だから逃げる」がほとんど。

 

心の奥底で実はセックスのことばっかり考えている。まるで中学生男子のようにあなたの心はセックスでいっぱい。

 

質問者さんは「もう一人の自分」の不安を押し殺している。彼氏には「セックスがイヤ」ではなくて「セックスを意識しすぎている」ことがばれている。自分はごまかせても彼氏はごまかせない。

 

思い切って彼氏に相談してみるといい。彼の手をそっと握りながら。

 

…以上です。

 

本文が読みたい方は本紙またはデジタル版。もしくは、後日岡田さんの公式サイトにアップされると思いますので、そこから読めると思います。

 

個人的には、やっぱり妙な説得力があると思いました。う~ん、これが岡田マジックなのか…。ただ、これまでなら岡田スゴイ!で終わっていたのですが、どうにも例の騒動に影響を受けたせいで、引っかかるものが…w

 

心の奥底で実はセックスのことばっかり考えている

まるで中学生男子のようにあなたの心はセックスでいっぱい

 

…と彼女9人愛人80股の人に言われると「それってアンタのことじゃないか!!」と思わず叫びたくなります。

 

ただ、重要なのは質問をした方が岡田さんの回答を読んでどう感じたかだと思います。参考になっているとよいですね。

 

それにしても、このまま岡田さんは悩みのるつぼの回答者を続けられるのでしょうか?朝日新聞には抗議の電話も入っているはずですが…。動向を見守りたいと思います。

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

岡田斗司夫 カテゴリーの記事一覧