ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

岡田斗司夫氏、入院。スキャンダルの感想とフロイト的な見方【TS記事】【ニュース】

 

【A男】

岡田斗司夫ついに入院か…。

 

【B男】

えー!!入院!?

 

…でも本当かな?どう思います?

 

【A男】

ニセ入院か?ってこと?確かに、本当に入院してるかどうか私も怪しいと思いますw 「当たり前ですけどニセ写真です」で事件が始まってからこっち、彼の発言内容に関しての信憑性は著しく低下してますよねw

 

ただ、今回ばかりはさすがの岡田斗司夫も、入院レベルの肉体的精神的な疲労はあるとおもいますよ。

 

【B男】

怪しいですよねw どうも、事態が落ち着くまでだんまりを決め込む作戦なのではないかと勘ぐってしまいますw

 

それにしても、事件発覚当初はここまで大騒ぎになるとは予想もしてなかった。

 

今回の件で相当数の支持者が彼の元を去っていったはずだけど、思うに岡田斗司夫って人と違う部分があるからこれまで支持されてきたのじゃないのかな?だから、性生活が同じように他人と違っていてもファン的には問題ない…なんてならなかったのか?

 

【A男】

パイプカットしてるくらいだし、女癖の悪さは前々からあちこちで言われてたことだけど、まさかここまでヒドイとは誰も思わなかったんじゃない?

 

非モテキャラを装ってたし、モテない人間の代表みたいな語り口だった。なので、騙されたと思う人は多いだろう。あと、次々と噴出してくるネタが衝撃過ぎて…マインドコントロールとか異常性癖とか…。

 

書いてて思うが、こんなことが明るみにでたらそりゃファン減りますよ!

 

【B男】
わたしが考える頭のよさって、全然関係ないように見える2つ以上のことの関連性を見出して話すことができることだと思ってるのね。

 

岡田斗司夫はそこがものすごく優れている。本人は関係ない2つのことだとは思ってないだろうけどねw


そんなわけで、彼は新しい知見を産み出したり、解釈したりすることについて世の中に求められていたけども、すでに合意されている性についてはアレルギー反応が強かったんだよな…。


ある精神分析の本に書いてたのが、フロイトの話すると興味津々になる女性と拒否反応を示して関係が途絶える女性の2種類だそうです。

 

フロイト的な見方をすると、岡田斗司夫は医者、今回名前が上がっている女性は患者、ヒステリー症状に悩む金持ちの娘なんだよね(あくまでフロイト的な話)。この関係の中で性行為をすると病が進行するとフロイトは警告してます。岡田斗司夫がこの事に関して知らなかったとは思えないんだよなぁ…。

 

【A男】
今回のケースだと、そもそも患者を診る医者が病気だったわけだよな。でも患者は通常、共感を求めるから、そのタイプの医者にかかるのは自然な流れな気がする。

 

医者の自制は、医者自身が病気なんだから難しくて、必要なのは医者に対して影響力を持つ第3者か、医者が悪さできない開放されたコミュニティだったんだろうが、岡田斗司夫にはどっちもなかったな。

 

【B男】

アンチクライスト [Blu-ray]


アンチクライスト」という映画がある。セラピストの夫と専業主婦の妻がセックス中に子どもが転落事故で亡くなり、夫が妻のカウンセリングをするなんて内容だけど…現実にこんなことがあったら夫婦間での治療はうまくいかないのは間違いないよ…。


岡田斗司夫はそれら医者と患者の関係を分かって悪用していた感があるから、手口は悪質。

 

【A男】
真偽は別として、自分に不利なことに関しても他の著名人よりあけっぴろげに話す彼だが、今回の件をこれまで表に出そうとしなかったのは、自分でも禁忌を犯していることに気がついていたからだろう。もちろん、法律的な問題も存在したかも知れないが…。

 

【B男】
岡田斗司夫は話術を使って悪いことも悪くないことにしようとする。正直、わたしもそれだから人のこと言えないんだよねぇ…。女性関係の話ではないですよ。

 

【A男】

確かに、大なり小なり心の中にいるよな岡田斗司夫的な自分。普段の生活でも、気をつけなければ。