ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

七つの大罪 108話 感想 ※ネタバレ注意 復活のヘンドリクセン!ドレファスは魔神族!?【アニメ&漫画】

七つの大罪(12)

 

漫画「七つの大罪」108話感想です。※ネタバレ注意

 

真実を求める3人組…。

 

ギルサンダー

「2人共よく見てくれ…魔神族の紋様だ」

 

f:id:sosha:20150118014117j:plain

 

ドレファスの蔵書から、ギルサンダーが見つけ出したのはメリオダスの額に現れるものと同じ紋様。

 

グリアモール

「じゃあ!!俺の目の前で死んだ父さんは…一体誰だったと言うんだ!?」

 

つじつまが合わない一連の騒動のために、深まる謎。ドレファスの背後にちらつく魔神族。

[広告]

 

f:id:sosha:20150118014150j:plain

ギルサンダー

「反目は協力に…足を滑らせたのは偶然ではなくて必然。狙いはヘンドリクセンではなくエリザベス。死んではおらず生きている」

「お前の父ではなく、別の何か…」

 

マーリンの言葉をヒントに、仮説を導き出したギルサンダー。3人は、真相を探るべく旅に出ることを決意します。

 

ヘンドリクセン復活!ドレファスは魔神!?

リオネス王都より東に150マイル ズフールの谷

 

ヘンドリクセン

「この私がよもや敗れようと…は…」

「もう少しで…魔神族の復活を果たせてたものを…」

 

怪鳥から吐き出されたヘンドリクセン。かろうじて命はあるものの瀕死の状態。

 

f:id:sosha:20150118014226j:plain

ドレファス

「友よ…もう一度立ち上がってくれ我らの悲願のために…」

 

そこに突如として表れ、おもむろに自らの血を分け与え始めたドレファス。

 

ヘンドリクセンに血を与え終わると黙ってその場を去るドレファス。

 

f:id:sosha:20150118014242j:plain

ヘンドリクセン

「傷が…完全修復している!!!」

 

ドレファスの血のお陰か、いつの間にか完全復活したヘンドリクセン。目の前には、何故か儀式に必要なエリザベスの血がしみこんだ布が…。

 

ヘンドリクセン

運は我にあり!!

 

f:id:sosha:20150118014257j:plain

 

儀式を開始するヘンドリクセン。その様子を不適な笑みを浮かべながら見つめるドレファス。目の周りには、魔神族の紋様が!!

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

七つの大罪 カテゴリーの記事一覧 - ソーシャル芸能へんしゅう部