ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

黒子のバスケ EXTRA GAME 1話 感想 ネタバレ注意 新編スタート!敵はアメリカ!ドリームチーム結成!!【アニメ&漫画】

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.6 2015年 2/10号 [雑誌]

 

漫画「黒子のバスケ EXTRA GAME」1話感想です。※ネタバレ注意

 

f:id:sosha:20150113202712j:plain

 

黒子のバスケ続編。今度の敵は世界!?

 

新たなライバル、チーム「Jabberwock(ジャバウォック)」!

数多くの報道関係者で埋まる空港のゲート。一般人が、海外セレブの来日かと勘違いするほど。ゲートから現れたのは、若いながら人気実力共にアメリカ最高峰のストリートバスケチーム「Jabberwock(ジャバウォック)」

 

f:id:sosha:20150113203302j:plain

ジェイソン・シルバー

「今度俺らの部屋に来たら教えてやるよ部屋番号は…」

 

女性記者をからかうのは、ジェイソン・シルバー。

 

ジェイソン・シルバー

210cm 115kg C(センター)

 

ジェイソンも含め、Jabberwock(ジャバウォック)のメンバーは全員柄が悪そう…。

 

[広告]

 

f:id:sosha:20150113203333j:plain

ゴールド

「…やめろ、シルバー」

 

シルバーを止めたのは、ジャバウォックのリーダー「魔術師」ナッシュ・ゴールド・Jr 。マスコミへの対応を見ても一見紳士に見えるが…。

 

ナッシュ・ゴールド・Jr

190cm 82kg PG(ポイントガード)

 

景虎

「おーう、こちらこそようこそ日本へ、悪ガキ共」

 

そんなジャバウォックの通訳と案内を務めるのはリコの父、景虎。

 

誠凛はインターハイで負けた!?

場面が変わって誠凛高校。木吉の復帰はまだ。新一年生が加入している。どうやら誠凛はIHで負けたらしく休憩時間中でも練習する黒子や火神…。

 

景虎からゆすってもらったチケットでジャバウォックの試合を観戦しに行くことになった日向とリコ。ヘタレの日向を後押して、リコとの関係を進展させようとする3年生立ちw

 

ジャバウォックの案内のために朝帰りの景虎。いかがわしい店で遊んできた父を蹴りで出迎える娘w

 

景虎

「悪ガキなんてもんじゃねぇぞありゃあ…明日の試合も無事終わるかどうか…あー胃が痛え…」

 

どうやら六本木のキャバクラで一騒動が?メチャクチャにされたキャバクラと、倒れる店員…。

 

Jabberwock vs Strky!ジャバウォックの実力と本性…。

f:id:sosha:20150113203406j:plain

 

翌日、大勢の観客が見守るなかジャバウォックの試合スタート。対戦相手は、今吉(桐皇)、笠松(海常)、岡村(陽泉)、宮地(秀徳)、樋口(洛山)と各校のOBで結成されたストリートバスケチーム「Strky(スターキー)」!!

 

試合を、TVやタブレットで観戦する「キセキの世代」とその仲間達。

 

氷室

「動画で試合を見た印象では キセキの世代と同等…いやそれ以上かもしれない…ただオレがアメリカにいた頃、耳にしたのはとにかく悪い噂ばかりだったよ…」

 

アメリカに住んでいた氷室に、ジャバウォックに関して訪ねる紫原。やはり、ジャバウォックは危ないやつら…?

 

開始早々、素早いかつトリッキーなプレイでスターキーを翻弄するジャバウォック。挑発混じりの本場のストリートバスケに沸く観客でしたが、しだいにエスカレートして会場には不穏な空気が…。

 

青峰

「ストバスのプレイで相手を挑発したりおちょくったりするのは珍しくもなんともねぇけど、アイツらは“それしかやってねぇ”」

 

 ジャバウォックのプレイの悪質さについて語る青峰。

 

試合結果は、86対6でジャバウォックの圧勝。静まり返る会場、笠松がゴールドに握手を求めようとするも…。

 

ゴールド

「お前らを見てると心底ヘドが出るここにいる奴ら全員。いやこの国でバスケごっこを している奴ら全員今すぐやめるか死んでくれ」

 

笠松の手を握り返すことことなくインタビューに答えるゴールド。空港での紳士的な態度から一変して、別人のようなひどいセリフを口にします。

 

ゴールド

「猿にバスケをやる権利はねぇよ! ははははは!!」

 

バスケをする日本人を猿に例え侮辱したゴールド。散々あざけ笑ったと思えば、最後に笠松の手にツバをはきかけます。

 

モニター越しでも怒りを隠せない黒子のライバルたち。

 

景虎

「1週間後リベンジマッチだ!!コッチが負けたらオレが 腹でも切ってやる! テメェらが負けたらワビいれた後イカダでも使って自力で家帰れ!!」

 

キレた景虎さん(笑) ゴールドたちにリベンジマッチを申し出ます。試合を引き受けたゴールド。笠松らでも歯がたたなかった面子を開いてに景虎が召集したのはもちろん…。

 

「キセキの世代」ドリームチーム結成!!

 

赤司

「『キセキの世代』がもう一度同じチームで戦う事になるなんてね」

 

景虎の呼びかけに応じて、集まった「キセキの世代」。どうやら、IHでいろいろあったらしく、黄瀬を無視する紫原、火花を散らす緑間と青峰(笑) 

 

少し遅れてやってきた黒子&火神。

 

景虎

「事情はもう分かってると思うが…アイツラに対抗出来るとしたら今ここにいる面子っきゃねぇ!!」

「今回限りのドリームチームだ派手にいこうぜ!」

 

チーム「ジャバウォック」を倒すために一同に会した「キセキの世代」と黒子&火神!!チーム名は「ヴォーパルソード」!!怪物退治なるか!?

 

今回の緑間のラッキーアイテムは「やかん」だったのね。

 

感想

ファン待望の続編ということでどんな展開になるかと思いましたが、世界がきました!金と銀が!現実の日本とアメリカのバスケの実力差がどのくらいのものか詳しく知らないのですが、野球やサッカーと比べると差が大きいと聞きます。それが、真っ向対決できるのは漫画ならではですw

 

ジャバウォックはステレオタイプな悪ーいアメリカ人でしたねw ここまで直球だと、どこかしらから文句言われそうですが、これはあくまで漫画だということを忘れてはいけないと思います(笑)

 

それにしても、スターキーのメンバーにはもう少し食い下がって欲しかった…。せめて2桁得点。本編でも、かなり活躍した面々でしたので…。特に今吉さんがなにもできなかったのは残念でした。

 

オールスターものは燃えますね。スタメン5人は誰になるのかな?体格的には、センターの紫原は確定?あとはPGの赤司と、ストバス慣れしてる青峰と火神?残り一人を決めるのが難しいです。控えの選手も召集されてるみたいですが誰なのでしょうね?氷室や洛山「五将」?花宮とか灰崎とかも出番あるのかな?

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

黒子のバスケ カテゴリーの記事一覧