ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

“諸事情”により「週刊少年マガジン」電子版に「はじめの一歩」掲載されず。その原因は?【考察】

【A男】


“諸事情”により「週刊少年マガジン」電子版に「はじめの一歩」掲載されず 講談社「掲載の目処などは立っていない」 - ねとらぼ

講談社がようやく週刊少年マガジンを電子化。しかし、なぜか本誌に掲載されている「はじめの一歩」が載ってないというのに、値段が同じという謎。

 

ちなみに、4・5合併号は無料配信していました。

 

【B男】

なぜ『はじめの一歩』が掲載されていないか分かります?権利問題が解決できなかったから?

電子化すると、紙代と輸送コストがかからないから値段は下がるはずなのだけどw

[広告]

 

【A男】

色々考えられる。

 

1つ目は表現の問題で、縦長の電子版は横長で右上端から左下端に視線を流すという書き手が使っている戦後マンガの標準的な文法が正確に再現できない。つまり、作者が媒体として気に入らない。

 

2つ目はビジネスの問題で、「はじめの一歩」のような超長期連載作品は習慣で買っている固定層も大くて、1から追っかけるのが大変な分、新規の購買読者はなかなかつきにくい。そうなると、ずっと保存できる電子版を買われると単行本が売れなくなる可能性が高くなる。

 

これは、本来ベテランに限ったことじゃないだろうけども、若手と大物じゃ発言力が違うよな。

 

【B男】

なるほど、電子版メディアの宿命が一つか。電子版のいいところってプラットホームフリーなところで、電車の中ではiPhoneで読んで、お風呂の中ではAndroidの防水タブレットで読めると。一方で表現の問題としては、どの機種で読まれることを想定するかで描き方が変わるというわけか。多くはiPhoneAndroidの縦長画面端末でしょう?とすると戦後マンガ文法は通用しませんな。

 

単行本の営業的問題は深刻…確かに電子版は永久に劣化せず保存できるし、情報の検索性が高い。とすると、単行本を買う必要はないわな。

 

【A男】

これも推測だが、値段据え置きは単行本が売れなくなるリスクも考慮されているのではないかと…。定期刊行の漫画誌が本誌は赤字で、単行本で回収する業態になって久しいが、電子版で保管されるとそれもできなくなる。

加えて、出版社そのものを支えているのは漫画だから、単行本が売れなくなるのは出版社の経営そのものが不味いことを意味していると思われます。

 

【B男】

単行本で回収って、ゲーム機本体やプリンター本体がソフトやインクで本体を作るコストを回収するシステムに似ているな。だとすると電子版であえて値上げしなかったことは英断ですな。当然電子版発行と同時に紙版も値上げするでしょうが。

ただそれでも電子版に流れる出版業界を見ると、Amazonをはじめとするオンライン書店の取引割合が日増しに高まっていて彼らの発言力が増しているのだろうなーと推測します。彼らのプラットホームに乗っておかないと、今後やっていけるか分からないというような…

 

【A男】

現状でも単行本も雑誌もかなり少しずつ値上がりしているよね。今号のマガジンが260円で、2000年前後は250円を超えることはまずなかった。消費税の件もあるが、90年代はほぼ200円に近かったと思います。

 

でも、せっかく電子版出しても値段が同じなら読者がつかないし中途半端。定期講読で安く売るなんてのも始めるのだろうが、後手な印象はぬぐえない。成功するかしないかは分からないが、ドワンゴと合併してKindleセールしまくりの角川の方が勢いだけなら感じるなw

 

ネットショップに依存したくないから、各社独自アプリの開発を頑張っているのだろう。でも、読者側からすると面倒なのよね。

 

【B男】

AppleがやったようにiTunesで販売する音楽にはDRM著作権保護)をかけない、というオープン化の取り組みをしないと電子書籍は普及しないよね。だから独自アプリ化に進むとしたら電子書籍の普及はかなりあやしいと思った方がいい。ただ、オープン化による勝手アプリの登場により自動で単行本を生成するようなアプリの登場など出版社にとってはよくないことは多いよね。

いろいろ考えていたら、漫画家が直接Amazonと契約して販売した方がいいような気がするぞw 編集者はAmazonが持つか、フリーの優秀な人を雇えばよい。結局中抜きするところが増えて、あれこれ制約がかかるくらいならね。

 

【A男】

もう、漫画をはじめとしたソフトそのものでビジネスを成り立たせるのが難しくなってきているはず。そこそこに面白いコンテンツを発信できるくらいの人間が並みの生活できないとその業界は成立しないよな。

ただ、ホリエモンが言うように人は体験にまだお金出しているから、編集や出版社が作家と直接契約して作家個人の月額制のメルマガを配信。そのおまけに掲載紙で、単行本はファングッズ。これが、現状無難な線だと思う漫画雑誌文化もなんとか守れるし…。

自分で書いていて何だが、ネットのフリーミアム論に毒されてるなw