ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

刃牙道 (バキ道) 43話 感想 ※ネタバレ注意 「烈が武蔵に勝つためにはマシンガン使え!!」by本部【アニメ&漫画】

刃牙道 4 (少年チャンピオン・コミックス)

 

漫画「刃牙道」43話感想です。 ※ネタバレ注意

 

3日後に東京ドーム地下闘技場初の武器あり試合で対決することとなった武蔵と烈海王。自らあえて相手の土俵にたった烈。中国拳法の達人で、あらゆる武具を使いこなせる烈は剣での勝負を望みます。

 

[広告]

 

剣であれば自分に勝てるのか?と煽る武蔵。勝つか負けるか分からないが問題はそこではないと語る烈。

 

「“肝”はそこにはない」

「“宮本武蔵に勝利する”ということは、剣をとったあなたを相手どってこそ!」

 

そういいはなった直後に、武蔵に一方的に攻撃を仕掛ける烈。武蔵は烈の義足をつかんだものの、烈の蹴りは武蔵の顔面に…。その場に倒れる武蔵。しかし、刀で切断したように折れる烈の義足。

 

「あれほど悪魔的な闘気は稀も稀!」

 

無抵抗の相手を攻撃したかに思えた烈でしたが、実は先に仕掛けていたのは武蔵。義足を折られた烈は、試合時には折れぬ義足を用意して戦うことを誓いその場を去ります。

 

武蔵

「なんと健気な、いとおしいぞ大陸の人よ」

 

倒れたように見えたものの、不適に笑う武蔵。バキと同じくわざとくらった?力の底が見えない!!


場面が変わって、烈海王vs宮本武蔵の成り行きを本部に説明したご老公。

 

本部

悪いことは言わない烈氏には機関銃の用意を!!

 

話を理解した上で、本部が提案したのはまさかのマシンガン装備w さすが本部www

 

試合でマンシンガンって、もう格闘技じゃなくてなってます(笑) バキ世界的には、勇次郎がいるので「規格外に強い人間」>「銃」のはずなんですが、武蔵はそれに当てはまるのでしょうか?でも、勇次郎も不意討ちですが麻酔銃でやられてるんですよねw

 

今回本部が、マシンガンと口にしたということは、本部が武蔵と戦う際には、躊躇無く銃火器を使うということなのか!?超実戦流ってそういうことだったの?

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

刃牙道 - ソーシャル芸能へんしゅう部