ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

学糾法廷 1話 感想 ※ネタバレ注意 小畑健新連載!炎上商法?パクリとの指摘も!【アニメ&漫画】

f:id:sosha:20141203013830j:plain

 

漫画「学糾法廷(がっきゅうほうてい)」新連載、第1話感想です。※ネタバレ注意

 

小畑健先生待望のジャンプにて待望の新連載スタート!

 

ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン」と数々のヒット作品を世に送り出してきた小畑健先生が、再び週刊少年ジャンプにて新連載ということで、話題になっている「学糾裁判」。

 

まず設定が変わっていまして、小学校が舞台。“学級崩壊時代”に対処するため政府が導入した革命的新制度、「学級裁判制度」により問題の起こった学校には、「検事」と「弁護士」の転校生(小学生)が派遣され、一定の調査期間の後に「学級会」によって事件の真相を究明し、公平な裁きを下すというものです。

 

[広告]

 

ちなみに、判決を下すのは裁判官。これはより純粋で公平な裁きを下すために幼稚園児以下の子供が担当しています(しかし、人を裁く心労のせいで老け顔)。判決の内容によっては、被告人は問題児ばかり集まる鬼ヶ島小学校に転校させられてしまうそうです。

 

主人公は、「趣味は論破!」と語る少年、弁護士の犬神暴狗(アバク)。転校早々、何故ゲームを学校でしてはいけないのか?、なぜ嫌いなピーマンを残してはいけないのかといった内容で、相手をことごとく論破(論破と言いますか、屁理屈な気もしましたがw)。 どうやら彼自身に秘密があり、独学で弁護士になった3人の内の一人…そして鬼ヶ島小学校出身で、絶望的事件の関係者?

 

対する検事は、財閥の令嬢 判月鳳梨(パイン)。好きなプリキュアキュアピースと語る美少女。見た目もキュアピースっぽい。おそらく本作はジャンプの低年齢層読者向けなのだと思いますが、プリキュアだったり、判月鳳梨のお供は太ったひげ面の「ロリ松」という名の男だったりと、何故かちょくちょくオタクっぽい要素が入れ込まれています(笑)

 

二人が担当するのは、向日葵市立天秤小学校の6年3組で起こった“スズキくんバラバラ殺人事件”。食育のために教室で飼育されていた魚 スズキくんが、事前のクラス投票で“食べない”と決まったにも関わらず何者かにばらばらにされてしまいます。被告人は、飼育係の七星てんと。無罪を主張する彼を、アバクは弁護することができるのか?そして、事件の真相とは?

「学糾法廷」はパクリ!?

 

小畑先生の新連載が始まった!という話題の一方で、方々からコレはパクリではないのか…?という指摘が!

 

読んだ感触を言わせてもらいますと、あまり安易にパクリだのなんだの指摘するのは良くないと思っていますが、確かに本作は限りなくアウトに近い気がしましたw 「学級会」や「絶望」というコンセプト、キーワードは、人気ゲーム ダンガンロンパ。主人公 犬神くんもダンガンロンパの主要キャラ 十神くんとキャラ、ビジュアル共にかなり被ります。

 

他にも言われている通り、裁判のやり取りが逆転裁判とそっくりですw 逆転裁判の決めセリフ「異議あり!」も作中で使われていましたね。

 

そして、ラストの締め方は完全に古畑任三郎ww 全体的にこれらのネタはオマージュともとれますが、パクリと言われるのもわかります。しかし、ここまで堂々と真似ていると、さほど悪質なものであるとも感じませんでした。原作者の榎伸晃 先生もバレるのは承知の上だったんではないでしょうか?そういうタイプの作品が好きなんだということなのだと思いますw

 

ただ、ジャンプ編集部がGOサインを出したことがいささか疑問です。このレベルだと初めから炎上することは、わかりきっていたような…。だって明らかに…ねぇ…。最近は、ビックネームの新連載といえどなかなか注目が集まらないようなので、もしかすると炎上商法なのかな?と勘ぐってみたりします。あくまで私の個人的な妄想ですがww

 

パクリ問題で話題の「学糾法廷」肝心の中身は!?

f:id:sosha:20141203132646j:plain

 

パクリ問題ばかり注目されている「学糾法廷」。肝心の中身はどうだったの?という話ですが、内容は低年齢層向けっぽいですが結構面白かったと思います。伝説の漫画編集者、栗原氏の言葉を借りると、ちょっと失礼な言い方になってしまいますが「おもしろくなくはない」といった感じでしょうか(笑)

 

小畑先生の圧倒的な画力は、今さら言うまでもなく素晴らしく、巻末コメントにあったように久々に小学生をメインに描くのが楽しみということで、読んでるこちらにもその感覚が伝わってくるようでした。

 

問題視されているシナリオは、かなりのセリフ量にも関わらず、テンポが良く読みやすかったです。古畑オチも好きw 謎解きも、答えが気になる内容だったと思います。一応、自分なりに推理してみましたが、誰が犯人なのか自信ないです。

 

ざっと個人的な推理を書いておくと、全部てんとくんの自作自演だと思いました。で、本物のスズキくんは生きているというオチじゃないでしょうか?そして、水槽で発見されたのは別の魚の死体(刺身)なのではないかと思います。そして被告側の証人は、オカルティックな稲子さん?動機は単純にスズキくんを食べたくなくなったけど、男子から仲間はずれにされるのが怖かったから…といった感じではないかと。

 

全然的外れかも知れませんけどね。答えはおそらく来週?どうなるのか楽しみですw