ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

Fate/stay night [UBW] 5話 感想 士郎くんって変なキャラ。士郎と凛を襲う新たなサーバン登場!!ト【アニメ感想】

f:id:sosha:20141109164439j:plain

〈公式〉Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

 

TVアニメ「Fate/stay night [UBW]」5話感想です。

 

脚本:佐藤和冶

絵コンテ:白井俊行

演出:高橋健司・白井俊行

作画監督:白井俊行

 

※原作未プレイ、旧アニメ未視聴、Zeroのアニメだけ見てます。一応ネタバレ注意。

 

[広告]

 

f:id:sosha:20141109164055j:plain

 

サクラと一晩一緒にすごしたことにより、互いに分かり合えてたというセイバー。お泊りの言いだしっぺの大河は、士郎宅に泊まらず帰ったようですね。自由人。

 

今回セイバーさん、

ご飯たべるのと士郎の心配をするのとで出番終わった…。

 

f:id:sosha:20141109164113j:plain

 

セイバーの心配をよそに、護衛をつけることなく登校した士郎。学校では、友人で弓道部部長の美綴 綾子が行方知らず…。どうやら、わかめヘアーのいけすかない男 間桐 慎二が関わっているようす。妹の桜に話を聞くも、兄とは音信不通。一体何が起こっているのか?部長は死ぬようなタイプのキャラじゃないと思っていたのですが…。

 

f:id:sosha:20141109164117j:plain

 

前回のラストに、マスターの自覚なしに立ちふさがったら士郎を殺すと話していた凛ですが、早速自覚なしに現れたので殺しにかかる凛ちゃんww

 

魔力を流すだけで魔術が使える魔術刻印は、魔術師の家系に代々受け継がれていくものみたいですね。宝石とは、また別かな?あっちの方が強力なようです。

 

f:id:sosha:20141109164123j:plainf:id:sosha:20141109164130j:plain

 

ただの追っかけですが、かなりの迫力でした。

 

f:id:sosha:20141109164138j:plain

 

強化の魔術で、凛の攻撃をなんとか防いだ士郎。これ、士郎が自分の身を守る魔法使えなかったら確実に殺してましたよね…。今回の凛は本気で、士郎を殺そうとしていたのかな?

 

f:id:sosha:20141109164144j:plain

 

士郎が唯一使えるであろう、この強化の魔法がどれくらいの効果があるのかいまいちわからないですね。弾丸並みの魔法を防ぐことができたのは、材質が机だったからかな?1話で丸めた紙に魔力を通していましたが、材質の強度によって性能が違うのか、それとも魔力の力によって全てのものを一定レベルの強度にひきあげるのか?

 

f:id:sosha:20141109164154j:plain

 

何者かの手によって、一般生徒が犠牲に…。

 

凛は、士郎の態度に怒りを感じ学校でも戦うことを選択しましたが、夕暮れの学校はいつだれか来るかもわからないから、パッと見人がいなくてもばれたくないようだったら、戦闘すべきじゃないよなぁw

 

f:id:sosha:20141109164205j:plain

 

身を呈して凛を助けた士郎。こりゃ惚れます。

 

f:id:sosha:20141109164211j:plain

 

凛を襲ったのは女サーバント。

 

半分乳見えてるやんけ。

 

サーバントの攻撃を防ぐですから、士郎の魔術も相当なもんです。

 

彼女は、凛が来たら去っていきましたね。サーバントなんだから、相手が魔術師だろうと人間2人に遅れをとるよなことないと思うのですが、何で撤退したのだろう。

 

f:id:sosha:20141109164217j:plain

 

遠坂家で、治療を受ける士郎。凛からの申し出により、学校で問題を起こしているマスターを止めるため、一時休戦に。握手を求められただけで、このデレッぷり。さっきの殺意はなんだったんだ…w

 

f:id:sosha:20141109164223j:plain

 

「魔術は必死になって隠すものでもない」士郎がなんのためらいもなく自分の魔術について語ることに不快を感をあらわす凛。どうやら、士郎の父である切嗣の教えは魔術師としての一般的な考え方とはかけ離れていたようです。

 

切嗣って死んでたんですね。この回まで触れられてましたっけ?確かに出番はありませんでしたが、まさか死んでるとは…。病気かな?

 

今回の話、特に士郎というキャラクターがいかに変かというのが明らかになったような気がします。正義の味方になるという父親の夢を引き継いだにも関わらず、肝心のそのための力は父親から引き継いでない。

 

そうしてしまった切嗣の気持ちは、わからなくもないですが、中途半端なことをしてしまったせいで、強烈な思いだけが先行して、勇敢を通り越して無謀な行動をとる少年になっているように見えます。にも関わらず、セイバーを学校につれてこないなど危機意識はまったくないという能天気っぷり。脚本の粗というよりは、わざとこんな感じのキャラクターにしてる気がしました。今後、彼が極限状態になった際にどう行動して何を考えるのか楽しみです。

 

f:id:sosha:20141109164229j:plain

 

幼い時に父親が死んだことによって、魔術の家系を背負うという精神的自立を余儀なく去れた凛。そんな、凛にとっては士郎は甘ちゃんに見えるのだろうなぁ。

 

f:id:sosha:20141109164234j:plain

 

士郎の父 切嗣は、魔術師であろうとする前に一人の父親である事を選択した…。凛の指摘は正しいと思います。そりゃいろいろあったから、行動に迷いもでるよねー。

 

 

【おすすめ関連カテゴリ】

Fate/stay night - ソーシャル芸能へんしゅう部