ソーシャル芸能へんしゅう部

「ソーシャル芸能」とは、政治経済、社会、文化、アニメ漫画、エロにテクノロジーと、ネット上で注目されるあらゆる出来事のことを指すのだ!

アオイホノオ 感想 2話 焔くんの明日が見えないw小ネタ多すぎて爆笑必死!【ドラマ】【TS記事】

f:id:sosha:20140720224235j:plain

【B男】

アオイホノオ2話ちょうど見ました!よく分からなかったがw

 

【A男】

なんか慣れてきたのか面白かったぞw

 

 【B男】

今回は「ベータマックス」が登場。「巻戻し」という言葉さえ知らない若い世代にとって、カセットデッキのような出で立ちのビデオデッキは衝撃的だったろう…

それにしても当時はテレビをリアルタイム視聴するしか選択肢がなかったのか…た映像に関心があるか、相当のマニア、金持ちでもない限り時間の使い方が限られるというのは衝撃。

 

【A男】

80年代はお金持ちのオタクは相当有利だったでしょう。75年に発売された「ベータマックス」1号機は当時の価格で23万、テープ1本4500円!明らかに資金力でオタク知識に差が生まれた厳しい時代だったはずw

ちなみに、録画機の名前が「J9」で焔くんがブライガー見たいといっていたのは、「銀河旋風ブライガー」の主人公たちが属する組織がJ9だからですwさらに言うとこのアニメのopも有名な金田作品。

 


銀河旋風ブライガー OP - YouTube

 

【B男】

テープ1本4,500円!もはや車より維持費が高かったといえるのでは…オタクをやるにも命がけだった…

宝探しのようにネタがちりばめられているんですね!ドラマの最後に時系列と事実関係が一致しない場合があります、と注意書きが出るところからこの「ネタ」が重要なのはよく分かる。

そしてこの映像が今こうしてみられるのも先人たちのビデオデッキに対する投資のおかげかw

 

【A男】

アオイホノオはオタク版三丁目の夕日みたいなところがあるね。あと、焔くんの成長物語と後半のダイコン3の群像劇。

 

当時を生きていた人間はその時代を懐かしみ、その時代に産まれてなかった私みたいなのは、その時代の生っぽい感覚を楽しんでいます。

 

少年誌のアイドルだった高橋留美子が青年誌で「めぞん一刻」を連載する衝撃とか、焔くんが漫画家になれなかったら石森章太郎の下で未完の「009天使編」のアシスタントするとか、山賀がアニメに全然興味ないのにイデオンだけ知っていて、そのイデオンに関して焔くんが詳しくないとかw あと、最後の細野不二彦は爆笑ポイントですw

 

(※高橋留美子・・・いわずと知れた天才女性漫画家。「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」超ヒット作多数。水着グラビア経験あり。)

 

(※伝説巨神イデオン・・・アニメ監督 富野 由悠季が機動戦士ガンダムを作った直後に世に送り出した問題作。完全に少年視聴者を置き去りにした小難しく、哲学的な内容もさることながら、主人公が赤アフロ、メインメカの見た目がトラック、ジムの怪物とヴィジュアル的な面でも物議をかもした。富野作品最高傑作との呼び声も高い。最強ロボット候補。スパロボではめちゃ強い。山賀ヒロユキはアニメに興味がなかったが、「なんんとなく大人っぽいアニメだから、これを見ておけば庵野や赤井に威張れるだろう」という邪な気持ちでチェックしていたらしい(岡田斗司夫談)。スゴイ嗅覚!)

 

(※「009天使編」・・・石森章太郎原作の大人気漫画「サイボーグ009」でついに最後まで描かれなかった話。サイボーグである自分たちを生み出した悪の秘密結社ブラックゴーストを倒し、死んだかと思われた009であったが、実は生きていて、その後あれこれ敵と戦って平和を守っていたが、その内敵がいなくなりついに現れたのが天使!そして神!争いをやめない人間を失敗作と判断した神々は人類を滅ぼそうとする。さぁどうする009!と思っていたら、さすがに敵が巨大すぎたのか天下の大巨匠も描ききれずに休載。その後仕切りなおそうとしたが結局完結できないまま、98年作者は惜しまれつつこの世を去る。焔くん!20年後も未完どころか作者死んじゃってるよ!最近、石森氏の構想をもとに小説になったり、原作タッチで漫画化されたりもしたが筆者はよんでいない。)

 

(細野不二彦・・・「Gu-Guガンモ」「さすがの猿飛」「ギャラリーフェイク」など、ヒット作多数の超一流漫画家。コンスタントに面白い作品を発表し続け、アニメ化作品多数。高い実績の割りに個人的になぜか地味な印象の漫画家さん。)

 

【B男】

なるほど、ちょっとした生き直し体験なのかw

今週は漫画家になる、次回予告でアニメーターになる、気が早いなw

 

【A男】

で、庵野秀明の才能を間近で見せられてアニメーター諦めますw

岡田斗司夫が連動企画で語っていたが、この話は「アマデウス」でもある。才能が見抜けるくらいの才能がある人間が、本当の天才にうちしひしがれる悲劇の物語。

それがスポーツだと「ピンポン」になるし、美大でも恋愛混ぜると「はちみつとクローバー」になる。漫画の場合、アマデウスと違うはサリエリに明確な救いがあることかな?アオイホノオも主人公のモデルになった作者自身が漫画家として成功してるからね。

 

 【関連カテゴリ】

アオイホノオ - ソーシャル芸能へんしゅう部

 

超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン

超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン